疲労回復

 

疲労回復

疲労は身体の痛み、発熱とともに3大警報とも言われており、私たちが生命を維持するうえで重要なシグナルのひとつです。

 

疲労は大きく分けて次のように分類することができます。

 

身体の一部分あるいは全身を使う運動や労働によって起こる肉体疲労
緊張を持続したような神経の使い方や、ストレスなどによって引き起こされる精神疲労

 

肉体疲労、精神疲労どちらも筋肉細胞や神経細胞に過大な負荷がかかることで疲労が生じてきますし、それらが重複して発生することもあります。

 

疲労することは良くないと言うことではありません。疲労は身体を休めなさいというシグナルを出しているのですから、短時間でも数回に分けて休息をとることで回復してきます。

 

疲労が問題となるのは休息をとってもなかなか回復しない場合で、疲労が完全に回復しないまま次の疲労を重ねることによって体にいろいろな変調を引き起こします。

 

 

 

長期間にわたり疲労を重ねることで、病気へとつながる可能性を含んでいます。同じことをしても百人百様に疲労の蓄積度合いも違います。人それぞれ身体の資質も違うでしょうし、頑強な体格の人もいれば、力仕事には不向きな人もいて、耐ストレス性も当然違ってくることでしょう。

 

いずれにしても私たちが普段のリズムで暮らし、仕事や運動を行うことで疲労はつきものです。肉体も精神も疲弊していては明日への活力も湧いてきません。

 

疲労の蓄積は睡眠障害の原因にもなり、自律神経に変調をきたして疲労回復に十分な睡眠をとることさえできなくなってきます。疲労回復に効果の高いのが睡眠ですから、自律神経の働きのバランスを保つことは大変重要になります。

 

疲労しにくい体質を作ることも大切で、朝昼夕きちんと三食とり精神疲労にはブドウ糖が脳のエネルギーとなるので、炭水化物を摂取することが必要です。ビタミンCも副腎皮質ホルモンを作るのでこれらの栄養素を摂取するようにします。

 

睡眠と栄養素を考えた食事で疲労回復を早め、疲労を蓄積しないようにすることが肝要です。
 

スポンサードリンク